*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意味は分かるが使ってない自分がいた
1 名前: メスシリンダー(西日本)[] 投稿日:2010/02/01(月) 17:06:07.51 ID:MjgIuaZn ?PLT(28008) ポイント特典

煮抜き、なんば、かしわ… 食の関西ことば絶滅の危機


煮抜き、五目ずし、関東炊(かんとだ)き……。「食」に関する関西ことばが日常生活から急速に姿を消している。
武庫川女子大学言語文化研究所(兵庫県西宮市)の岸本千秋助手(44)の調査でわかった。「まずい」を意味する
「もみない・あじない」は絶滅寸前だ。

 調査は2008年11~12月、武庫川女子大の学生124人と、同研究所に普段から協力している一般の20~60代の
158人を対象にアンケート方式で実施。関西とそれ以外の地域で異なる呼び名を持つ「食」に関する言葉を並べ、
どちらをよく使うか選んでもらった。一般の回答者には、子どもの頃どちらを使っていたかも答えてもらった。

 その結果、60代以上のほぼ半数かそれ以上が子どもの頃に使っていた「なんば」「ごんぼ」「関東炊き」「ばらずし・
五目ずし」という単語が、それぞれ「トウモロコシ」「ゴボウ」「おでん」「ちらしずし」に変わっていた。学生は、これら四つ
の関西ことばを使う割合が1割に満たなかった。「もみない・あじない」は30代以下でほぼ消滅。「煮抜き」(ゆで卵)も
50代以下ではほとんど使われなくなっていた。

 「かしわ」「お造り」は学生の1~2割が今も使うと答えたが、すべての世代で「鶏肉」「お刺し身」を使う割合が拡大。
60代でも「鶏肉」「お刺し身」が5割を超えていた。

ikaso-su
http://www.asahi.com/kansai/entertainment/news/OSK201002010075.html
http://www2.asahi.com/kansai/entertainment/image/OSK201002010076.jpg
Secret
(非公開コメントしてもいいよ)

この人に関して

ぶっきー

Author:ぶっきー
なおこのブログは読了後自然消滅する。
最近は自分で全部出来るほうがよいようです。昔からそうですね。

店員だけにカウンター
今後の予定
・今日のご本
その日読んだ本に関する話をするよ!
ひらがなみっつでk(ry

・今日の名言
我が家の本棚にある名言集から適当に引っ張ってくるよ!
たまに漫画とか普通の小説とかからも。

・今日の芸術家
絵でも音楽でも何でもいいじゃない。

・χιの○○ない話
すべるのかひだまるのか。
ひだまるってなんだ?
個人的リンク
所謂公式サイト系
日本一ちっちゃいかもしれないギターコード
kalendarius
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
仕分け
新しいもの
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2 ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。