*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文学少女たりえない私
1264433115-TS2A0366.JPG
まあ、見習いという事ですか?

私はさる本を読む事を放棄した。
また、全集を読む事を放棄した。

まず後者から。

どうも私は、小説、としての中身よりも、いや、読み進めれば進めるほど中身は重要になり、いつか逆転するのだが、
少なくとも読み始める際には、本の形態が大きく影響する様である。
文庫本読みやすい。

そして前者。

某「ソルベの味って、遠子先輩は妖怪だから、文字以外のものを食べても、味がわからないんでしょう? 比べようがないじゃないですか」
 すると遠子先輩は、頬をぷくっとふくらませた。
「いいのっ。そこは想像力でカバーするのっ。あ~ソルベってこんな味かしら~って。それに妖怪って差別用語よ。わたしは、この世のありとあらゆる物語や文学を食べてしまうほど深く激しく愛しているごくごく普通の可憐な高校生で、ただの文学少女です」
「一般的な女子高生は、いきなり本のページを引きちぎって、むしゃむしゃ食べたりしないと思いますけど。少なくともぼくの十六年の生涯で、そんな珍妙な女子高生は、遠子先輩以外見たことないし聞いたことないですよ」は、まあその通りこの世のありとあらゆる物語や文学を何か凄く愛しているお方なのですが、どうも私はそう在れない様なのです。いや、文字が食べられないとかそんな話じゃないです。

私は、物語という存在そのものに関しては彼女同様に深く愛しています。
そりゃもう食べてしまいたくなるぐらいに。
でも、中身まで愛せるだろうか? 無理だった。
好き嫌いが私にはあった。
嫌いというのは違う、苦手、がより近いだろうか。


まあ、それでも明日も本を読むのが私。
図書室に居続けるのが私。
Secret
(非公開コメントしてもいいよ)

この人に関して

ぶっきー

Author:ぶっきー
なおこのブログは読了後自然消滅する。
最近は自分で全部出来るほうがよいようです。昔からそうですね。

店員だけにカウンター
今後の予定
・今日のご本
その日読んだ本に関する話をするよ!
ひらがなみっつでk(ry

・今日の名言
我が家の本棚にある名言集から適当に引っ張ってくるよ!
たまに漫画とか普通の小説とかからも。

・今日の芸術家
絵でも音楽でも何でもいいじゃない。

・χιの○○ない話
すべるのかひだまるのか。
ひだまるってなんだ?
個人的リンク
所謂公式サイト系
日本一ちっちゃいかもしれないギターコード
kalendarius
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
仕分け
新しいもの
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2 ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。